速報値 2016年度第66回税理士試験の受験者数


国税庁HPに2016年度(平成28年度)第66回税理士試験の受験者数の速報値が公表されています。

スポンサーリンク

国税庁HP第66回税理士試験の受験者数の速報値

2016年度税理士試験 財務諸表論の受験者数

15,958人(前年16,967人)

この受験者数は税理士試験に申込みをした人の人数で、実際に受験した人の人数ではありません。「財務諸表論の合格率」でまとめていますが、過去の実受験者数の推移をみるとこの数年はずっと減少傾向にあります。第55回の実受験者数は22,220人なのに対して前年の65回は12,202人と約1万人も減少しています。今年の受験申込者数を見ると実受験者数は前年よりもさらに減少すると思われます。税理士試験は上位10%が合格する相対評価試験なので受験者数の増減は合否に大きな影響はありませんが、これだけ受験者数が減るのはよほど税理士試験が難しいのか、それとも税理士業界について将来性を感じられなくなったのか…。原因は何でしょうかね。

スポンサーリンク

関連記事

財表アンケート

どのような講座を受講していますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験財務諸表論の試験問題が難しい場合の対処法。税理士試験の試験問題の難易度は受験年度によって違…
  2. スマホで暗記するための便利グッツです。 (さらに…)…
  3. 私もそうでしたが、財務諸表論の理論暗記などで耳栓を使っている人がいます。耳栓を使って声を出して理論を…
  4. 税理士試験は鉛筆・シャーペンは使えません。解答はボールペンです。初めて税理士試験を受験するときは驚き…
  5. 「税理士試験情報誌が無料!」でも書いている通り、大原簿記では税理士試験の情報誌を無料で配布しています…
ページ上部へ戻る