電卓機能がアップ!操作ミスの改善に役立つ電卓


実務電卓にはキーロールオーバー機能が付いている!

税理士試験では多くの受験生がCASIOかSHARPの実務電卓を使用していますが、なぜCASIOとSHARPの実務電卓を使っているのかというと、理由は様々でしょうが、私がこれらの実務電卓を使っていた理由はキーロールオーバー機能というものが付いているからです。

キーロールオーバー機能とは電卓を入力する時に最初のキーを離す途中から次のキーを押しはじめても入力できる機能で、この機能が無い電卓だと「1234567890」と数字を早打ちした時に「12467890」のように3と5が抜けたりすることがあります。

3キーのキーロールオーバー機能の電卓が発売

これまでキーロールオーバー機能は2キーまででしたが、CASIOが3キーの電卓を発売しました。2キーでも十分だと思いますが、それなりのスピードで電卓を叩くと2キーだけでは入力漏れを起こすことがあるので、電卓スピードに速くて2キーでは追いつかない人は3キーの電卓がオススメです。

電卓操作で大切な事」で書いている通り、財務諸表論の合格に電卓スピードはあまり関係がありませんが、電卓選びで悩んでいる人の参考にどうぞ。3キーは今のところSHARPは無いと思います。

スポンサーリンク

関連記事

財表アンケート

日商簿記には合格していますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験の受験勉強でストップウォッチは役立ちます。試験の時間配分を計ったり、勉強時間をカウントした…
  2. 税理士試験受験生の中には集中力が持続せずに苦労している人も多いと思います。そういう人にオススメなのが…
  3. 私もそうでしたが、財務諸表論の理論暗記などで耳栓を使っている人がいます。耳栓を使って声を出して理論を…
  4. キオークマンというものをご存知ですか?怪しそうな名前ですが、累計100万台以上を販売しています。「目…
  5. 財務諸表論の理論暗記に苦労している受験生は多いと思います。特に社会人などで勉強時間が取れない人はつい…
ページ上部へ戻る