財務諸表論を独学で合格したいなら参考書やテキスト等は予備校で買うべき!


税理士試験財務諸表論は独学でも合格できないことはありませんが、教材は受験予備校で買うべきです。

スポンサーリンク

財務諸表論は書店で売っている市販テキストは内容が薄い!

一般の書店では税理士試験向けの参考書や問題集などが売っていますが、これらの参考書などは「税理士試験財務諸表論とはどういったものか」といった程度のことはわかりますが、財務諸表論の試験に合格するためには不十分な内容です。市販のテキスト問題集で財務諸表論に合格できるほど簡単な試験ではありません。市販の参考書は1冊あたり200頁くらいですが、大原やTACのテキストは合計で1000ページ超、もしかすると2000頁を超えるかもしれません。

私なら絶対に大原やTACなどの受験予備校で教材を買います。市販の参考書などに比べると高いように思うかもしれませんが、受験予備校の教材は財務諸表論に合格するために必要なものが揃っており、基本的にその教材のみで合格できるようになっています。

市販の参考書などは1冊1冊は安いように思うかもしれませんが、財務諸表論に合格できるレベルになるには何冊も買わないといけないので、結局は受験予備校と同じような費用になりますし、どの項目の参考書が必要なのか、いちいち調べないといけないことを考えると、一式が揃っている受験予備校の教材を買う方が最終的には安くつくはずです。

ヤフオクで財務諸表論の中古本が売っているが、注意が必要!

財務諸表論に限らず、税理士試験の教材はヤフオクなどで中古本が売買されています。ヤフオクなどで中古本を買う時の注意点ですが、財表は税法と違って大きく改正されることは少ないとはいえ、全くないわけではなく毎年一定の改正項目があります。そのためヤフオクなどで中古教材を買うのも良いですが、今年の試験で合格したいのであれば必ず最新のものを購入するべきです。前年以前の教材の価値はゼロ!と言っても過言ではありせん。

予備校で教材を買えばサポートを受けられる

受験予備校によっては予備校で直接教材を購入した人は講師への質問などのサポートを受けられるところがあります。ヤフオクなどで買ったらこれらのサポートを受けることができません。同じような値段であれば受験予備校で買う方が良いと思います。

教材を買うなら大原かTACがオススメ

財務諸表論の教材費用はどの受験予備校も大差はなく大体同じ値段です。それであれば税理士試験受験予備校で人気と実績がある大原かTACのものを買うべきです。

TACの教材はこちらで販売中
税理士講座【資格の大原】

ピックアップ記事

  1. キオークマンというものをご存知ですか?怪しそうな名前ですが、累計100万台以上を販売しています。「目…
  2. アマゾンで合格祈願米というものが売っています。 [amazonjs asin="B014QLB…
  3. 私もそうでしたが、財務諸表論の理論暗記などで耳栓を使っている人がいます。耳栓を使って声を出して理論を…
  4. 税理士試験は鉛筆・シャーペンは使えません。解答はボールペンです。初めて税理士試験を受験するときは驚き…
  5. 税理士試験が近づくにつれて模擬試験に対する気持ちの入れ方も変わってくると思います。模擬試験とはいえや…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る