財務諸表論は基礎項目が大切


税理士試験財務諸表論の計算問題は基礎項目が一番大切です。

スポンサーリンク

財務諸表論の計算問題は基礎問題ができれば合格点が取れる!

税理士試験財務諸表論の計算問題は基礎項目の問題を間違えずに解答できれば合格点を取ることができます。模擬試験などで合格点を取れない人の多くが、基礎項目を十分に理解できていないからです。簿記論とは違い、財務諸表論はそれ程難しい問題はありません。どう考えてもわからない、という問題はなく、ある程度考えればわかる問題が殆どです。

模擬試験でも配点されるのは基礎項目が中心

受験予備校の模擬試験やミニテストを見ればわかると思いますが、配点される箇所の多くが基礎項目です。つまり、模擬試験やミニテストで合格点が取れないという人は基礎項目が理解できていないということです。

基礎項目の勉強には個別問題の反復練習

基礎項目の理解を深め、税理士試験本試験や模擬試験で間違えないようにするためには個別問題の反復練習が一番です。8×8と言われて8を8回足す人はいないと思います。それと同じで、基礎項目の勉強は個別問題で何度も練習して体に染み込ませます。また、このように体に染み込ませることができれば解答時間も短縮できます。

税理士試験財務諸表論は基礎項目が理解できていて、基礎問題を間違わずに解答できれば合格できる試験です。

ピックアップ記事

  1. 私もそうでしたが、財務諸表論の理論暗記などで耳栓を使っている人がいます。耳栓を使って声を出して理論を…
  2. 税理士試験の理論を書いていると手が痛くなりませんか?そういう人にオススメのボールペンが (さらに&h…
  3. 税理士試験の受験勉強でストップウォッチは役立ちます。試験の時間配分を計ったり、勉強時間をカウントした…
  4. 税理士試験は鉛筆・シャーペンは使えません。解答はボールペンです。初めて税理士試験を受験するときは驚き…
  5. TACや大原などの受験予備校では税理士試験のメルマガを無料配信しています。 (さらに……

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る