計算の解答時間が足りない人の原因


税理士試験財務諸表論の解答時間が足りない人の原因について

スポンサーリンク

財務諸表論は120分で全問解答できる!

税理士試験の中でも財務諸表論は一番短時間で解答できる科目です。本試験合格レベルであれば120分以内で解答できます。

解答時間が足りない原因は明白

解答時間が足りない原因は勉強の理解が不十分だからです。財務諸表論受験生の中には解答時間を短縮するために仮計を省略したり、電卓の練習をしたりしますが、これは解答時間が足りない本当の原因を改善するものではありません。もちろん仮計省略や電卓練習でも解答時間を短縮できますが僅かな時間だけですが、本当の改善策ではありません。解答時間を短縮するための対策として最も効果的なのは、財務諸表論の勉強理解を深め、問題に対して素早く正答を導き出せるようにすることです。問題を見てから、解答するまでにどのくらいの時間を費やしていますか?解答時間が足りない人の多くが正答を導き出すために必要以上の時間をかけています。

計算スピードは練習すれば早くなる!

正答を導き出す時間は練習すれば誰でも速くなります。問題を見てすぐに正答を導き出すためには個別問題を数多く解くことが大切です。本試験の多くは総合問題形式で出題されますが、総合問題であっても結局は個別問題の集合体です。個別問題が解けなければ総合問題は解けません。つまり、個別問題を解けるようになれば総合問題も解けるようになるということです。大原やTACなどで配付されている個別問題集を何度も何度も解き直しましょう。問題を見たら自然と計算式が頭に思い浮かぶまで練習して下さい。

ピックアップ記事

  1. 税理士試験は鉛筆・シャーペンは使えません。解答はボールペンです。初めて税理士試験を受験するときは驚き…
  2. 「税理士試験情報誌が無料!」でも書いている通り、大原簿記では税理士試験の情報誌を無料で配布しています…
  3. 長時間机で勉強していると背中や腰がコリませんか?そういった人はマッサージクッションなどを使用するとス…
  4. アマゾンのレビューで評価が高いボールペンです。 (さらに…)…
  5. 税理士試験財務諸表論の試験問題が難しい場合の対処法。税理士試験の試験問題の難易度は受験年度によって違…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る