試験問題が難しかった場合の対応


前回「今からできる得点アップ 財務諸表論の試験問題を解く順番」に引き続き、試験問題の解き方について書こうと思います。

ちょうど去年の今頃「試験問題が難しい問題の時の対処法。ポイントを押さえれば合格できる!」という記事に書いたように、財務諸表論は合格率が毎年15%くらいなので上位15%以内に入れば合格できる試験です。

税理士試験は60点以上で合格となっていますが、実際には合格率が10%(簿財は15%)になるように得点調整されていて、試験問題の難易度は合否に大きな影響はありません。難しい問題でも簡単な問題でも大切なのは上位10%以内に入ることなのです。

ということで、もし今年の税理士試験の問題が極端に難しかった場合でも慌ててはいけません。あなたが難しいと感じるということは他の受験生全員も難しく感じていて、そういう問題で合格点(上位10%以内)をとるためにはいかに冷静になって簡単な問題を間違えずに正答できるかがポイントになります。

難しい問題に一生懸命取り組むよりも、ほどほどにして簡単な問題をしっかりと解く方が合格に近づけます。

スポンサーリンク

関連記事

財表アンケート

【初学者】何月から財務諸表論を勉強しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 長時間机で勉強していると首がコリませんか?耳の後ろのスジ。そういった人オススメなのが首専用のマッサー…
  2. 税理士試験財務諸表論の試験問題が難しい場合の対処法。税理士試験の試験問題の難易度は受験年度によって違…
  3. 電子メモを知っていますか?以前からオフィスなどで見かけていましたが、最近はこの電子メモが買いやすい値…
  4. 税理士試験で私や受験仲間が使っていたオススメの電卓を紹介します。 (さらに…)…
  5. 私もそうでしたが、財務諸表論の理論暗記などで耳栓を使っている人がいます。耳栓を使って声を出して理論を…
ページ上部へ戻る