どうしても覚えられない理論ってありますよね?


ゴールデンウィークが終わり、そろそろ財務諸表論の理論暗記も本試験モードに入っていきます。受験予備校に通っている人は模擬試験等で毎週膨大な理論暗記の課題が与えられるため、まだ理論暗記が完ぺきではない人にとっては大変な時期になってきます。

税理士試験において理論暗記は絶対不可避なものなので覚えないといけないのはわかっているものの、何回読んでも、何回書いても覚えられない理論ってありませんか?私が受験生のときは理論サブノートを常に持ち歩いて何度も何度も読んでいましたが、それでもなかなか覚えられない、又は、覚えるのに苦労した理論がありました。財務諸表論の理論は重要度に応じて覚える必要がないものがあるのかもしれませんが、やっぱり合格確率を高めようと思えば「理論はどこまで覚えたらよいか」でも書いている通り、ひとつでも多くの理論を覚えるべきだと思います。

そこで私が財表理論でしていた暗記法などを「財務諸表論の理論勉強法」でまとめているので参考になるものがあるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

財表アンケート

合格発表まで何をしますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. アマゾンで合格祈願米というものが売っています。 (さらに…)…
  2. アマゾンのレビューで評価が高いボールペンです。 (さらに…)…
  3. 税理士試験の受験勉強でストップウォッチは役立ちます。試験の時間配分を計ったり、勉強時間をカウントした…
  4. キオークマンというものをご存知ですか?怪しそうな名前ですが、累計100万台以上を販売しています。「目…
  5. 税理士試験が近づくにつれて模擬試験に対する気持ちの入れ方も変わってくると思います。模擬試験とはいえや…
ページ上部へ戻る