過去の記事一覧

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. TACや大原などの受験予備校では税理士試験のメルマガを無料配信しています。 (さらに……
  2. キオークマンというものをご存知ですか?怪しそうな名前ですが、累計100万台以上を販売しています。「目…
  3. 「税理士試験情報誌が無料!」でも書いている通り、大原簿記では税理士試験の情報誌を無料で配布しています…
財務諸表論は税理士試験の必須科目の一つです。財務諸表論は税理士試験の登竜門としての科目といわれており、税理士試験の受験生の多くが、簿記論と財務諸表論から勉強をスタートしています。

財務諸表論は簿記論とは違って理論問題があるため、受験生の中には苦手意識を持つ人がいるようですが、合格率を見てもわかるように財務諸表論の合格率は税理士試験科目の中でも安定して高く、私は最も合格しやすい科目だと考えています。

財務諸表論の理論は、税法科目の理論とは違って難易度は高くなく、要点を押さえていれば合格点を取れます。税法科目の理論は一言一句と言われていますが、財表の理論はそこまで求められていません。

財務諸表論の計算は、簿記論ほど難易度が高い問題は無く、基本的な項目を押さえていれば合格点を取れます。簿記論よりも簡単ですよ。
ページ上部へ戻る