財務諸表論 受験予備校の授業料や教材費などの受験費用の総額について


税理士試験財務諸表論の受験費用は日商簿記などの検定試験と比べると格段に高くなります。日商簿記は大体2万円あれば足りますが、財務諸表論はその10倍は必要です。

スポンサーリンク

財務諸表論は講座費用だけでも20万円前後必要

受験費用は予備校受験か独学かによって異なりますが、一般的に税理士試験は殆どの人が予備校で講座を受講しています。財務諸表論の講座費用は受験予備校によって様々ですが、人気がある大原やTACの場合は20万円前後です。LECは13万円程度から講座を開講しているようですが、個人的には大原かTACをおすすめします。受験予備校は値段じゃなくて受講生の人数で選んだほうが良いですよ。

講座費用の他に模擬試験代が必要 約2万円

受験予備校の多くでは通常の講座の他に有料の模擬試験を実施しています。絶対に受験しなければいけないというものではありませんが、自分の成績を把握するため殆どの受験生が申込みしています。財務諸表論の場合は大体2万円前後だと思います。

交通費や飲食費に年5万円

教室講座を受講するのであれば、教室までの交通費や飲食費で大体年に5万円は必要です(月5,000円×10ヶ月)。授業中に飲むコーヒーって美味しいですよ。

税理士試験の受験費用は3,500円

これは税理士試験の受験費用です。1科目受験なら3,500円です。

総額は約30万円

これらを考えると財務諸表論受験にかかる受験費用の総額は約30万円です。ひと月に換算すると2万5千円。決して安くはないですが税理士試験に合格できればきっと元は取れます。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験は鉛筆・シャーペンは使えません。解答はボールペンです。初めて税理士試験を受験するときは驚き…
  2. アマゾンで合格祈願米というものが売っています。 (さらに…)…
  3. 私もそうでしたが、財務諸表論の理論暗記などで耳栓を使っている人がいます。耳栓を使って声を出して理論を…
  4. アマゾンのレビューで評価が高いボールペンです。 (さらに…)…
  5. スマホで暗記するための便利グッツです。 (さらに…)…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る