どうしても覚えられない理論を覚える方法


税理士試験において理論暗記は絶対に避けては通れません。税理士試験受験生の多くが最初に簿財から勉強を始めるので、財務諸表論で初めて理論暗記をする人は多いと思います。

たしかに財務諸表論の理論暗記は大変だと思います。

が、

税理士試験の中では財表理論は最も簡単な理論暗記のひとつです。

(人によって感じ方が違うので絶対にじゃないですけど)

税法理論に比べたら財表理論はボリュームも少ないですし、言い回しも分かりやすいですからね。

ただ、財務諸表論で初めて理論暗記をする人にとって、「税法の方が難しいから」っていう言葉に何の意味もなく、結局は理論暗記をしないと合格できないのが税理士試験なのです。

理論暗記の最適な方法は人によって違うので、「絶対にコレ!!!」というような方法はありませんが、私がやっていた理論暗記法は「どうしても覚えられない理論の覚え方」でまとめているので、参考にして下さい。

この中でも

  • 理論暗記は朝と夜に勉強する。
  • 勉強の最初に理論暗記をする。

というのは良かったですよ。

理論はベタ書き問題が出題されたら高得点が狙えるので、覚えることができれば得点源になりますよ。

スポンサーリンク

関連記事

財表アンケート

電卓はどのメーカーのものを使っていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. アマゾンのレビューで評価が高いボールペンです。 (さらに…)…
  2. TACや大原などの受験予備校では税理士試験のメルマガを無料配信しています。 (さらに……
  3. 税理士試験は鉛筆・シャーペンは使えません。解答はボールペンです。初めて税理士試験を受験するときは驚き…
  4. 税理士試験の受験勉強でストップウォッチは役立ちます。試験の時間配分を計ったり、勉強時間をカウントした…
  5. 「税理士試験情報誌が無料!」でも書いている通り、大原簿記では税理士試験の情報誌を無料で配布しています…
ページ上部へ戻る